このエントリーをはてなブックマークに追加
美味しい青汁

豊富な種類

青汁

青汁の原料って何か知っていますか?一般的には何かは知らないが、栄養のある緑色の野菜だろうという方が多いと思います。まずはどんな材料を使っているのか紹介したいと思います。
青汁は基本的にどれも苦くて味も同じと思っている方が多いでしょう。実際は苦いものが多いですが原料によって風味や味が違ってきますし、栄養素なども変わってきます。よく使用される材料にケールがあります。これは元々キャベツの原種とされており、栽培もしやすく育ちもいいので一年を通して栽培されます。ケールの一番の特徴は高い栄養価です。ベータカロテン・ビタミンC・食物繊維などが含まれており、栄養価の量もバランスも抜群です。ただ独特の苦味があり、その苦味を抑えるために別の食材と混ぜた商品や飲み方も増えてきて以前よりも飲みやすくなってきています。大麦若葉も多く使用される原料でイネ科の植物です。大麦若葉の特徴は匂いやクセがなく、ケールよりも飲みやすい所です。テレビなどで飲みやすい青汁と謳っている商品はだいたいが大麦若葉です。栄養素に関してもビタミン類や食物繊維などが豊富で申し分ないといえます。また、SODと言われる活性酵素を分解する酵素が含まれているのが最大の特徴になります。上の二つに比べると少ないですが、明日葉も原料としてよく使用されます。明日葉は生命力がとても強く、詰んだ翌日には芽を出すことから明日葉と呼ばれるようになりました。栄養価はケールにも匹敵するほどで、カルコンという成分は美肌やダイエットに効果があるといわれています。
中にはユーグレナなどを使ったものもあります。原料によって味も効果も違いますので色々と飲み比べて自分好みの青汁を探してみませんか。

基本的な知識
笑顔の女性

近年日本国民の中では野菜の摂取不足が深刻な問題となっています。ですが野菜不足の方は青汁を飲むことで手軽に野菜の栄養素を摂取することができます。まずはそんな青汁の基礎的な知識を身に付けてみましょう。

Read more

メリットとデメリット
花

栄養満点な青汁ですが、一般的に高齢の方が飲む物というイメージが強く若い初心者の方には敬遠されがちです。そこで飲むことのメリットとデメリットを比較することで一度は飲んでみたくなるかもしれません。

Read more

新しい味
緑の草

苦くて美味しくないものは飲めないという理由で青汁から距離を取っていた方は多いと思われます。そんな方には進化して飲みやすくなった商品がおすすめですので試しに飲んでみませんか。

Read more